静岡県 伊豆の国市 大仁(おおひと)中学校

  静岡県伊豆の国市立 大仁中学校
      【校訓】咲き誇る
      【学校教育目標】夢を拓く~学ぶ喜びを分かち合う生徒~
  

〒410-2321 静岡県伊豆の国市三福1276−3  TEL 0558-76-1035  FAX 0558-76-2971    メールアドレス:ohito-chu@izunokuni.ed.jp
 

行事予定

3月行事予定
給食部活行 事
1   
2× 
3 × 
4 ×公立入試①
5 ×公立入試②・追検査受付
6 × 
7 × 
8 × 
9 × 
10 ×公立追検査
11 × 
12 × 
   × 
13 ×公立合格発表
14 × 
15 × 
16 × 
17 ×公立再募集受付-3/18
私立再募集B受付
18 × 
19
 ×修了式 卒業式
20 春分の日
21  
22  
23 公立再募集入試
24  
25 公立再募集発表
26  
27 
28  
29  
30  
31  
《4月の主な行事》
★6日…新任式・始業式
★7日…入学式
★14日…新入生歓迎会
★16日…全国学力学習状況
     調査・新学年テスト
★24日…参観会・PTA総会
 

カウンタ

あなたは317059人目です。
Since 2015 (平成27) 5.20

著作権等について

 本ホームページの情報及び著作権は、伊豆の国市小中学校に帰属します。写真等の無断掲載は御遠慮ください。
 

検索

日 誌 (カテゴリ毎になっています。右下選択)

Topics
12345
2020/03/09

臨時休校対策として学校用教材付属コンテンツ(外部コンテンツ)

| by:大仁中学校管理者

明治図書が提供するコンテンツ(ご家庭向け)

以下の【ご家庭向け】コンテンツは、パスワード不要で生徒のみなさまが家庭でご利用いただくことができます。

●中学生用Webアプリケーション「整理と対策学習アプリ」【ご家庭向け】

http://meijitosho.co.jp/20160905
『整理と対策』学習者向けコンテンツ一覧ページ 

家庭のパソコンやスマートフォンなどで、手軽に知識事項を一問一答形式で学習できます。
プリントなどの紙の教材を配布できない学校や、ICT機器を使った学習を推奨している学校に適しています。
学校を介さず、生徒が家庭で学習できるアプリです。


動作環境

学校向けツールの使用にあたっては,インターネットに接続されたパソコンおよびウェブブラウザが必要です。
また、プリント類の印刷には、パソコンに接続されたプリンタが必要です。

【本件のお問い合わせ窓口】
 明治図書出版 学習教材部門営業部
 TEL: 03-5907-6601(平日9:00~17:00)
 MAIL: gakusan-eigyo@meijitosho.co.jp
15:11 | その他
2020/03/09

2月16日(日)大仁神社の梅祭り

| by:大仁中学校管理者

216()大仁神社の梅林で梅祭りが開催されました。

大仁中からは、16名の生徒がボランティアとして参加し、地域の方と交流しました。

当日はあいにくの悪天候でしたが、来場者に甘酒や餅を振る舞ったり、巫女装束で参拝者をお迎えしたりました。

実行委員会からもお礼の言葉をいただき、生徒にとってもよい経験になったのではないでしょうか。


























 

 


13:26 | その他
2020/03/02

休校等通知

| by:大仁中学校管理者
絵文字:ノート★休校等通知.pdf
                                                令和2年3月2日
保護者 様                             伊豆の国市教育委員会大仁中学校
                                               校長 矢田真則
 
     新型コロナウイルスの感染症拡大防止のための休校等について

  向春の候、保護者の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、新型 コロナウイルスの感染症拡大防止に関する本市の対応について、令和2年2月27日付け
 通知にて依頼したところですが、同日夕刻に表題の件について安倍首相より要請の報道がなされま
 した。 この要請を受け、緊急事態である国難を乗り切るため、本市では下記のとおりの対応を決定し
 ましたのでお知らせいたします。
  なお、小中学校の休校については、保護者の皆様や学校にご理解をいただいた上で、準備・協力
 等していただく時間の確保の必要性から、要請日より開始日を後にさせていただきました。また、今後、
 休校等の期間については、感染症の拡大状況等の動向により変更もあり得ることを申し添えます。
 よろしくお願いいたします。
 
                     記
 1 小中学校の休校期間
   3月3日(火)~3月18日(水)   春休み中の中学校の部活動は実施しない

 2 修了式並びに卒業式・卒園式 
   実施する 修了式は通常登校(8:00)とする。1、2年生完全下校 11:45
          卒業式は、卒業生登校12:00(卒業式練習を実施するため)
          保護者受付12:45~13:15
 3 保育園・幼稚園・こども園
   小中学校の休校期間中も通常どおり実施する    公立幼稚園は給食あり
 
4 その他
  ・小中学校の休校期間中等の対応に関する詳細については、今後送付される学校からの通知を
   参考にしてください。
  ・ご不明な点につきましては、下記所管課にご連絡ください。
  ・3月4日~3月13日の間、担任による家庭訪問を1~2回程度実施します。生徒のみの対応で
   かまいません。今後、予定が変更になる場合は、すべてマメールにて連絡します。


                     伊豆の国市学校教育課

                     電話 055-948-1453

                     大仁中学校

                     電話 0558-76-1035


13:47
2020/03/02

R1卒業式縮小開催のお願い

| by:大仁中学校管理者

R1卒業式縮小開催のお願い.pdf
                                                               令和2年3月2日 
                                                        伊豆の国市立大仁中学校 
                                                        校 長   矢田 真則 


   令和元年度第15回卒業証書授与式縮小開催へのご協力のお願い


  早春の候、ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。また、平素より
 本校部活動に格別の御理解・御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
  さて、第15回卒業証書授与式のご案内をいたしましたが、新型コロナウイ
 ルスの感染症拡大防止のため、以下の通り卒業式を縮小して開催いたしま
 すので、ご来賓の皆様のご出席を、見合わせていただきますようお願い申
 し上げます。

 
                                    記


1 参加者は、卒業生、保護者、教員、来賓はPTA会長及び副会長のみとします。
     送辞、伴奏者等のみ2年生も参加します。     

2 時間を短縮して卒業式を実施します。そのため、祝辞は、校長式辞のみとしま
  す。また、記念品授与も行いません。卒業証書授与は、一人一人に行います。

 

                                  

                                                             担 当 教頭 久保田正基
                                                            連絡先  0558-76-1035


13:32 | 学校行事
2020/02/27

2月25日(火)、生徒集会

| by:大仁中学校管理者

225()、生徒集会が行われました。

各専門委員会からの呼びかけや表彰を行いました。


○図書委員会からは、読書週間の本の貸し出し数の多かったクラスと、縦割りが表彰されました。

 結果は以下の通りです

《学級の部》  1位 1-4(冊)

《縦割りの部》 1位 黄組(203冊)


○保健委員会からは、1年間通して取り組んだ『歯みがき習慣』の成果を、『大中ファインタイム』の
 生放送を通してお伝えしました。

 歯みがき中の笑顔を撮影したスライドや、給食後のはみがきの感想の紹介を交えながら行われました。
 多くの生徒にはみがきの大切さが伝わったのではないでしょうか。


○給食委員会からは、給食の食べ残しを減らすための『残食0週間』の呼びかけがありました。
 ひとりひとり食べられる量は違いますが、作っていただいた食事を残さず食べられるように、
 各学級で協力していってほしいですね。











 

 

 

 


10:22 | 学校行事
2020/02/07

2月4日(火)で反射炉検定

| by:大仁中学校管理者

1年生の総合学習で24()で反射炉検定を行いました。

 

実施に際して、伊豆の国市市役所文化財課の森島様にお越しいただき、反射炉検定事前講座を行っていただきました。韮山反射炉が世界遺産であることは学習を進める中で学んでいましたが、構成遺産となっている日本各地の炉や史跡、そしてどのように使われたかを写真や動画を交えて紹介していただきました。

 

検定の結果は今年度中にわかる予定です。







13:40
2020/02/07

2月2日(日)伊豆の国市駅伝大会

| by:大仁中学校管理者

22()、伊豆の国市駅伝大会が行われました。

大仁中学校からは男女各2チームが出場し、無事ゴールテープを切ることができました。

 

始業式から約1ヶ月間、早朝の練習に打ち込んだ努力は、生徒たちの力になっているはずです。朝練に送り出してくれた保護者の方、当日応援に来てくださった方に感謝申し上げます。

 

【成績】

大仁中男子A 中学男子の部 第3

大仁中女子B 中学女子の部 第3

 

【区間賞】

1区 鈴木さん

3区 沖出くん


























13:35 | その他
2020/01/30

1月14日(火) ノーメディアデー

| by:大仁中学校管理者
 114()に実施したノーメディアデーの結果です。

生徒のコメントを掲載しました。ご家庭でも、ノーメディアデーのとりくみについて話してみて下さい。


09:40
2020/01/30

0118 パン祖のパン祭

| by:大仁中学校管理者

118()韮山時代劇場で開催された

パン祖のパン祭で、本校の吹奏楽部が演奏を披露しました。


09:34 | その他
2020/01/16

1月16日 イズノクニザクラ開花

| by:大仁中学校管理者

1月16日の日日新聞に「こんなに早く、イズノクニザクラ開花」という記事が掲載されました。記事の中に、「原木は大仁中敷地内にある。」と紹介されていました。生徒にも大仁中自慢の一つとして紹介しました。






        伊豆の国櫻・源木
                                     平 成 2 3 年  1 月
                             伊豆の国市教育委員会

  【薄寒桜】

 明治45年、東京市は、ポーツマス条約の仲介をしてくれた米国への謝意を表し、
 ウイリアム・タフト大統領の日本訪問に対する返礼と、大統領就任の祝賀の意もこめて、
 10種6040本の桜を寄贈しました。
 その際に、苗木づくりの委嘱を受けた農商務省農事試験場(興津)は、東京の荒川堤
 の桜並木から59種類の穂木を集め、兵庫県の東野村産の山桜を台木として、台木に
 穂木を接ぎ木して育てることになりました。
 その59種類のなかに薄寒桜がありました。薄寒桜はオオシマザクラとヒザクラの雑種
 と首われ、その中では色の薄い種類です。育成本数が3本と少なかった為、当時アメリ
 カ行きの選から漏れたものでした。3本のうち、1本は枯れてしまいましたが、残りの2本
 は興津の試験場と上野東京博物館で植栽されていました。
 農事試験場みかん山に植えられた薄寒桜も、毎年2月になると、美しく上品な淡い
 ピンクの花色を見せていましたが、ついに96年後の2008年に枯死してしまいました。


  【伊豆の国櫻 源木】

  本樹は、伊豆の国市中に在住した元千葉大学教授広瀬和栄先生が、1994年に興津
 の母樹より種を採取し、ご自宅内に播種したものです。
  この樹は母樹と酷似しており、開花期は「河津桜」にくらベ1~2週間早く、花色は淡桃
 色で、花は河津桜より小輸であるが、桜の特徴である展葉よりも開花が早く、10年生位
 になると見応えがあります。
  平成23年1月、伊豆の国市大仁中学校の改築に合わせ、移植しました。


 【伊豆の国櫻誕生の経緯】
  広瀬先生のご自宅に咲く早咲き薄寒桜に感動した地域の皆さんが、伊豆の国市の
 「市民の桜」を作ろうと、広瀬先生を代表とする薄寒桜実生普及会を設立し、伊豆の
 早春に芽吹く「新種」とするべく改良を重ねました。
  平成21年、改良された薄寒桜3年生17本が、伊豆の国市誕生妃念樹として、狩野川
 堤にある桜公園の駐車場山側に植樹されました。
  その際、関係者の要請を受け、望月伊豆の国市長が「伊豆の国櫻」と命名しました。


09:48 | その他
2020/01/16

1月10日(金)、防災訓練

| by:大仁中学校管理者

110()、防災訓練の一環として起震車体験を行いました。

生徒は、震度6弱の揺れを15秒間体験しました。

体験した生徒からは、次のような感想がありました。

「外で見ているより、中での15秒はとても長く感じた。」

「実際には、あの揺れがもっと長く続くんだ、と思った。」

体験後の休み時間にも、家での地震対策や、避難への備えについての話で盛り上がる姿が見られました。被災時、中学生は地域の大きな力になるといわれています。

是非ご家庭でも、災害時の連絡の取り方や、避難用の備蓄などを見直すきっかけにしていただければと思います。







09:22 | 学校行事
12345

新着情報

 

オンライン状況

オンラインユーザー5人